初期医師が病院見学に行くべき理由!働く環境改善や知見獲得の秘訣は!?

実は研修医になってからも病院見学は価値が高いんです。医学生時代の病院見学においては、物理的には見えていても認識はできていないことが数多く存在します。社会人になって働いてからの病院見学は、見学する側の目が成長しているので、より多くのものが見えるようになっています。

初期医師が病院見学に行くべき理由!働く環境改善や知見獲得の秘訣は!?

目次

  1. 筆者は何者?
  2. 見学に行く人は優秀で向上心がある
  3. 進路選択の後悔を防ぐ
  4. 三年目以降はフェアな目では見れなくなる
  5. 他病院の研修医と自分を比較することも大切
  6. おすすめな見学戦略はコレだ!
  7. 病院見学は自分のための先行投資

筆者は何者?

KCP ニッチな麻酔科医
KCP ニッチな麻酔科医
東京じゃない街の30代フリーター麻酔科医。既婚、子持ち。初期研修は田舎のハード病院、その後ハード後期研修を経て疲れない重視のフリーター麻酔科医生活中。三次救急病院でも仕事するので初期研修医の先生方と現場でご一緒することも多い。

見学に行く人は優秀で向上心がある

医師になって以降も病院見学に行く方は、概ね優秀な印象を受けます。きっと、向上心があるからですね。

そもそも人は同じ環境に留まろうとする習性があります。医師業は同じ環境に留まると、診療技術自体もその環境で習得できる範囲のものに限られていきます。

そのようにならないためにも、定期的に環境を変えることは非常に大切だと思います。これに気づいている時点で、既に一歩リードしているといえるでしょう。

KCP ニッチな麻酔科医
KCP ニッチな麻酔科医
この点、医局制度は自分で環境を変えられない人でも自動的に環境を変えてくれる良システムといえますね。

進路選択の後悔を防ぐ

後年、医局に所属していることに迷いの気持ちが生まれた際に、病院見学の経験が生きます。三年目入局者は以降、基本的に医局を辞めるまで比較的限られた環境の中で働くことになります。

二年目までの間に病院見学を重ねたうえで、客観的な視点で入局の選択ができていたのであれば大丈夫です。もし医局で辛いことがあっても自分がそこにいる理由がしっかりしているので、軸がブレることはないでしょう。

しかし、あまり見学をせず流されるままに入局した場合は、まさに井の中の蛙大海を知らず状態です。自分がどうして医局にいるのか、他の病院のほうが良かったんじゃないか、と悩むことになり、メンタル負荷が高くなることも十分に考えられるでしょう。

三年目以降はフェアな目では見れなくなる

我々ははじめに教わった知識を「正しいもの」として学習します。これを「すりこみ」と表現しますが、三年目以降のすりこみから逃れるのは不可能に近いと考えています。

初期研修中にも一定の刷り込みはありますが、各診療科の専門家から見ればその程度は知れています。しかし、各科専門過程が始まると、はじめに教わった専門領域の知識や慣習が正義として固着してしまいます。

この状態で病院見学に行けばどうなるでしょうか?既に自分の中である種の「正義」が確立した状態でヨソをみることになり、どうしても批判的な目線が入ってしまってヨソのいいところが見えなくなってしまいます。こうなる前に是非、日本中のいろんな流儀を見て吸収することをオススメします。

筆者
筆者
私は麻酔科ですが、学生時代に見学した先の麻酔のやり方を専門医取得後にも思い出して応用する機会が何回もありました。

当然、当時は見学先の先生の意図などわかりもしませんでしたが、専門家になって思い出してみると意図が想像できるようになっておりました。更に自分の経験や時代の変化を加味したアレンジを加えたりして、診療の手数が増えることにも繋がりました。

三年目以降はある程度自分の型ができてしまっており、人の診療を吸収する力は損なわれていた自覚があります。

他病院の研修医と自分を比較することも大切

研修医として入職してからは、他の病院の研修医の情報を得る機会はあまりないでしょう。病院によって研修医に要求される水準には大きな差があり、ほとんど勉強しない病院もあれば、診療の歯車としてガンガン活躍している病院もあります。

大事なことは、自分の病院が他と比べてどのくらいの水準なのかを知ることです。自分では頑張っていたつもりでも、三年目になって就職した際に他院研修の人とのレベル差に愕然とする、といった話はよく聞きます。そしてこのレベル差は三年目以降の差にもつながっているように感じます。

どの条件をも満たす完璧な臨床研修病院はありません。そのため、どの病院育ちの研修でも弱いところが必ずあります。病院はそうそう変えられませんから、自分の弱点を他院研修医から教えてもらって、自力で克服しましょう。他院で見たい良い点や真似できそうな点は積極的に取り入れると尚良しです。

おすすめな見学戦略はコレだ!

地域をまたぐ

研修医になってから見学に行く場合は、就職を見越して診療科を決めてから行く人が多いかと思います。大都市圏ほどの大きい地域ごとに、「○○科は▲▲大学が強い」「★★病院が強い」のような強弱があり、基本的には強いところに人が集まって地域の医療水準を規定するものと思います。

これには注意が必要です。なぜなら、都市圏内で複数見学しても、同じ宗派の派生を見るだけとなる可能性があるからです。もっと言えば、その都市圏の科の医療水準が全体的に高くない、ということもあり得ます。

KCP ニッチな麻酔科医
KCP ニッチな麻酔科医
全国各地いろんな都市圏の病院を見に行くことで、その診療科を様々な視点から捉えることができるでしょう。

いろんなタイプの病院に行く

病院の医師募集形態は様々で、医局からの派遣で成立しているところもあれば、俗に「ブランド病院」と言われる、有名病院として名を馳せて人を集める病院もあります。

ブランド病院には、ガツガツした意欲のある医師が(薄給でも)集まる傾向があります。就職の可能性を考えていなくても、社会勉強として是非一度見学に行くことをオススメします。果たしてブランド病院の医療水準は高いのか、ブランドとはなにか、職場の雰囲気、(いる場合は)お局の存在など、学ぶことは多いでしょう。

逆に場末っぽい、一人部長や少数でやりくりしている病院や単科病院なども、もし見学の機会があれば、是非行ってみて下さい。すぐに就職せずとも将来の選択肢を広げることになるでしょう。とくに「小規模病院でいかにやりくりするか」は大病院の診療とは違う難しさがあり、そこにツボる人もいると思います。

病院見学は自分のための先行投資

正直、病院見学をするのは腰が重たいですよね。気持ちはとてもよく分かります。

また、就職先を決めるだけであれば就職直前に行けば十分かと思いますが、研修医の先生方はあと何十年も職業人生があります。是非、今しかできない初期投資として病院見学を頑張ることをオススメします。

時間と旅費を投資する価値は十分高いです。研修医はフリーな立場で日本中の病院を見て回れる最後の機会なのですから、これを逃す手はありません。

KCP ニッチな麻酔科ライター

この記事のライター

KCP ニッチな麻酔科ライター

KCPはフリーのライターです。ニッチな麻酔の記事を書いたりしていますhttp://note.com/kcp。感想、こんな記事書いてほしい、麻酔科の専門的なご質問、iCoi以外での仕事依頼などはTwitterのDMから。https://twitter.com/KCP58227768

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

医師と出会いたい方に知ってほしい!若手医師キャリアの概要とは?

麻酔科フリーターの正直トーク

医師と出会いたい方に知ってほしい!若手医師キャリアの概要とは?

医師と出会いたい医療職以外の方に向けて、医師業にまつわることを紹介していきます。特に今回は、医師や医学生の義務や制度について解説します。医師や医学生は、プロフェッショナルになるために20代の時間を縛られながらも、素敵な出会いや恋愛に挑戦したいと思っています。

マネーリテラシーが育たない!?男性医師にとって、お小遣い制は不評です!

麻酔科フリーターの正直トーク

マネーリテラシーが育たない!?男性医師にとって、お小遣い制は不評です!

先日、筆者の後輩である男性研修医の先生が、「お小遣い制なら女医さんと結婚する意味ってあります?」と言っていました。やはり、お小遣い制は男性医師的には不評なことが多いようです。今回は、男性医師がお小遣い制をどう感じているのかを深掘りしたいと思います!

【医師必見!】給与の税金が家計に及ぼす影響と賢い節税戦略

麻酔科フリーターの正直トーク

【医師必見!】給与の税金が家計に及ぼす影響と賢い節税戦略

国民にとって常に関心の的である税金。特に所得税は、所得が増えるほど高くなる進行性のため、高収入の医師などにとっては大きな負担です。では、税金は具体的にどの程度の影響を与えるのでしょうか?また、所得が増えると実際に「損」になるポイントは存在するのでしょうか?

【開業が分岐点!?】医師のお金の使い方もいろいろ!年代別の家計は?

麻酔科フリーターの正直トーク

【開業が分岐点!?】医師のお金の使い方もいろいろ!年代別の家計は?

今回は、医師人生でのお金の使い方や家計感のお話をしてみたいと思います。一口に医師といってもお金の感覚は千差万別で、私立・国公立卒によっても大きく分かれますし、職場の性質によっても違いますが、できるだけ偏りがないようにお伝えします。

【2024年10月から!】児童手当の撤廃は医師家庭の生活にどう影響する?

麻酔科フリーターの正直トーク

【2024年10月から!】児童手当の撤廃は医師家庭の生活にどう影響する?

児童手当は、児童を養育する方に支給される手当です。現行の児童手当には所得制限があり、年収960万などの基準で受取額が減ります。政府はこの所得制限を撤廃する方向で調整しています。撤廃されたとして、医師家庭にどのくらい影響があるのでしょうか。

【夫婦の財布の中身】医師同士結婚のお小遣い制度を考える!

麻酔科フリーターの正直トーク

【夫婦の財布の中身】医師同士結婚のお小遣い制度を考える!

結婚後、お小遣い制を敷こうと思っている女性医師のみなさん、要注意です!お小遣い制は、男性医師にとても不評なのです。今回は、お小遣い制が有益であるのかはもちろん、男女の医師としてのキャリアとお金の考え方の違いについて触れてみます。

【医師のための投資講座】社会に出たら投資を始めてみよう!

麻酔科フリーターの正直トーク

【医師のための投資講座】社会に出たら投資を始めてみよう!

社会人になると、投資に興味を持つ方が多いと思います。しかし、具体的な方法が分からず、はじめの一歩を踏み出せないという方も多いでしょう。この記事では投資のはじめの一歩のお手伝いをするとともに、医師として生きる上での投資の意味についても考えたいと思います。

【どんな働き方を選ぶ?】トレーニングは集中的かつ短期間で!

麻酔科フリーターの正直トーク

【どんな働き方を選ぶ?】トレーニングは集中的かつ短期間で!

医師は医局や資格に紐づいたシステムに乗って修練することが多いですが、政治的な意図が入ったり制度設計が悪かったりして理想的とは言えない面もあります。筆者は比較的自由に修練や進路を選んできたので、その経験から、トレーニングはどのように行うのが良いのか考えます。

【廃業も多数!?】フリーランス医師の辛さ事情

麻酔科フリーターの正直トーク

【廃業も多数!?】フリーランス医師の辛さ事情

バイトで生計を立てる、いわゆる「フリーランス医師」。フリーランスが多いとされる麻酔科でも、バイト専業は少なく、常勤先を持ちながらバイトをする人が大半です。この記事では、私自身の経験に基づいて、フリーランス医師として働くことの辛さについてお伝えしようと思います。

「もっといい人がいるかも…?」マッチングアプリでは青い鳥症候群に要注意!

麻酔科フリーターの正直トーク

「もっといい人がいるかも…?」マッチングアプリでは青い鳥症候群に要注意!

理想を求めて次々と交際相手を変えたり、転職したりする。そんな高望みの心理を「青い鳥症候群」というそうです。マッチングアプリは、「もっといい人がいるかも?」という思いから、青い鳥症候群を起こしやすいです。今回は、青い鳥症候群の特徴とその対策法をご紹介します!

麻酔科フリーターの正直トークの人気記事

人気ランキング

話題のキーワード